記事詳細

【聖林裏表】恐怖心を克服…ウィル・スミス、50歳の誕生日にヘリバンジーに挑戦! 「あれ以上怖いものはない」 (1/2ページ)

 幅広いジャンルの映画でヒット作を飛ばす俳優のウィル・スミス(50)が、空に舞い上がったヘリコプターからバンジージャンプするという映画さながらのチャレンジを成し遂げて話題となっている。

 米芸能メディア「E! Online」などによると、きっかけは動画配信サイト「ユーチューブ」に動画を投稿するユーチューバーのグループ「イエスセオリー」からの挑戦状だった。

 厳格な父親に育てられた影響で子供のころから恐怖心に悩まされてきたというスミスは、世界をより良くするためには恐怖を克服する愛が大切と主張し、さまざまな人に挑戦を持ち掛けてきた同グループからの提案を受けて立ったのだ。

 選ばれた場所はアリゾナ州グランドキャニオン近くの巨大な渓谷で、インディアンの保留地。国立公園のグランドキャニオンでは許可が下りず、やむなく東側に隣接するナバホ族の土地での決行となった。

 50回目の誕生日となった9月25日。様子はユーチューブで生中継され、全世界の視聴者が注目するなか、スミスは気持ちを次第に盛り上げる。安定した場所と違ってホバリングしたヘリからのジャンプは危険を伴うため、ナバホ族の呪術医から安全祈願も受けた。

 出発前には「子供たち、決して家でやるなよ!」と冗談を飛ばす余裕も見せていたが、機体が徐々に上昇するにつれて「絶対に下を見たらだめだ!」と叫ぶなど緊張は隠せない。

関連ニュース