記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】“地面師”55億円詐欺事件 芸能界に巣くう…主犯格・生田の素性とは? (2/2ページ)

 生田は若い女性に人気の「DEARA&Gabriel」というファッションブランドも経営。新宿や銀座に店舗を構え、一時は30億円の売り上げを誇った。生田とともに逮捕された愛人の近藤久美容疑者(35)はビジネスパートナーでもあった。

 「ふたりは恵比寿ガーデンプレイスの高級マンションに一緒に住んでいた。近藤の容姿はリアル“峰不二子”。全身ブランド尽くめで、銀座の高級クラブで働いているようなタイプ。本人は『テレビプロデューサーもやっていて、いろんなテレビ局に顔がきく。宣伝はまかせて』と話していたけれども、実は生田の口利きでテレビの仕事を始めたようだった。生田自身もカリスマ経営者としてテレビ出演していたはずだよ。生田は芸能界・テレビ界の連中を接待漬けにしているらしく、資金調達でお世話になっている人も少なからずいる。詐欺師は芸能人が大好きだからね」(前出・実業家)

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

関連ニュース