記事詳細

元「世界のナベアツ」桂三度、NHK新人落語大賞 「これでやっと落語家としてスタートが切れる」

 若手落語家の登竜門として知られる「NHK新人落語大賞」の本選が22日、東京都内で行われ、お笑い芸人、世界のナベアツとして活躍した落語家、桂三度(49)が大賞を獲得した。

 高座では複数の登場人物の心の声を巧みに表現する新作落語「心と心」を披露。芸人時代は「3の倍数と3が付く数字の時だけアホになる」のギャグで人気者になるも、落語では「サーン!」と叫ぶ当時のネタを織り込まずに真っ向勝負。入船亭小辰(34)ら6人による本選を制した。

 三度は2011年、桂三枝(現・桂文枝、75)に弟子入りして落語家に転身。3年連続4度目の本選出場で悲願を達成し「これでやっと落語家としてスタートが切れる。一生懸命精進したい」と涙をこらえて決意した。本選は11月4日午後4時からNHK総合で放送。