記事詳細

【デビュー50周年水木一郎 アニキのオタケビ半生】“うたのおにいさん”としての肩書きも… 水木一郎「あの大女優がサインをもらいに来たんだよ」 (1/2ページ)

★(2) 

 苦い記憶がある。1973年、アニメ「バビル二世」の主題歌を歌ったときのことだ。

 「風邪をひいて、レコーディングに行ってね。(作曲家の)菊池俊輔さんに本当に怒られたよ。後にも先にも、そんなことはそのときだけ。レコーディングでは僕の声だけではダメだということになって、合唱団もコーラスも入れたの。今レコードを聴くと、そんなに鼻声でもないけどね」

 デビュー50周年を記念してリリースするCDには「少年仮面ライダー隊の歌」を収録した。「仮面ライダーV3」のエンディング曲だ。

 「僕にとって最初のライダーソング。主題歌も録音したけど、主演の宮内洋くんが歌うことになって。僕がレッスンしたんですよ。当時は録音したけど、放送が始まると違う人が歌っていたなんてことが多くてね。『ルパン三世のテーマ』だってテレビをみたらピート・マック・ジュニアが歌ってるんだもの。ショックでしたよ」

 50年のキャリアの中には、NHK「おかあさんといっしょ」の“二代目うたのおにいさん”という肩書もある。オーディションでは「こねこねねんど」を歌いながら、粘土でゾウを作った。

 「自分でいうのも何だけど、オーディションのときが一番よかった。当時、『およげ!たいやきくん』の大ヒットで子門真人さんが女性誌で取り上げられて。で、アニソンくくりで僕も取り上げてもらったのをNHKの人が見ていたのも決め手だったそうです」

関連ニュース