記事詳細

【ASE BOUND(アセバウンド)の「日本のために汗かきます!」】外国人の目から見た日本のお祭りの良さ 茅ヶ崎祭り「南湖みんなでやんべぇよ~行くぞ!南湖~」に参加しました! (1/2ページ)

 初めまして。アセバウンドのアレキサンダーです。アメリカとフランスのハーフで、日本でタレントとモデルとして活動をやっています。ファイナルファンタジーグローバルチャンネルにもレギュラーとして出演させて頂いています。

 今回は、10月28日に茅ヶ崎で行われたお祭り「南湖みんなでやんべぇよ~行くぞ!南湖~」に、アセバウンドのメンバーが参加させて頂きました。地域の子どもたちと遊んだり、地元の商店街のご飯を食べたり、神輿を担いだりさせて頂きました!

■ビーガンの私でも食べられる「たい焼き」が茅ヶ崎の商店街に!

 私は日本に住み始めて1年と3ヶ月ほどになります。いきなりですが、私は菜食主義者、すなわちビーガンです。ビーガンという食習慣は、日本ではまだあまり馴染みがありません。特に地方や都心から離れた場所では、まだまだビーガンに対応するメニューが少ないようです。東京に来てからはレストランなどでもあまり困ることがなく、ビーガン対応のラーメンやカレー、お好み焼き、和菓子などの日本食を食べることができました。しかし、これまでビーガン対応の「たい焼き」には出会ったことがありませんでした。

 今回、茅ヶ崎に来て、乳製品と卵を使用していない「たい焼き」を頂くことができ、驚くとともに本当に嬉しかったです。

 というわけで初めてたい焼きを食べたのですが、温かくて、アメリカに存在しないようなスイーツで、とても美味しいと思いました。日本の和菓子はあまり知られていませんが、ビーガンでも食べられる物が多く、世界にもっと広めたいと思いました。これまで都内でビーガンの私でも食べられるたい焼きを見つけたことがなかったので、こういった地方の古くからあるお店を、多くの人に知って欲しいです。そのために、私も少しでも貢献できればと思います。

関連ニュース