記事詳細

【大人のエンタメ】デビュー45周年、南佳孝の止まらぬ進化 7年ぶりオリジナルアルバム発表

 シンガーソングライター、南佳孝(68)がデビュー45周年を迎え、7年ぶりのオリジナルアルバム「Dear My Generation」(キャピタルヴィレッジ)をリリースした。

 ポップス、ジャズ、ボサノバ…いくつもの引き出しをもち、シャイでしゃれた男の生き方を歌う姿勢は最新作でも変わらない。男女間のロマンや切なさをクールな視点でとらえるスタイルだが、新作ではマンネリ化を危惧し、あえてプロデューサーを立て制作した。

 作詞は本人に加え、過去に南の作品を手がけた来生えつこが4編、斉藤和義が2編提供。斉藤はギターとコーラスでも参加。7曲目「はないちもんめ」にはCharも登場し、ブルース感がたっぷり。太田裕美とのデュエット曲「トキメイテ」はポップな仕上がりだ。

 45周年記念ライブは、14日の名古屋ブルーノート、15日のビルボードライブ大阪など。詳細は南佳孝ホームページ(https://minamiyoshitaka.com/live_info/)。(森村潘)

関連ニュース