記事詳細

松本人志が体を鍛えた「訳」とは? 「おっさんずラブで…」

 松本人志(55)の“ムロフシ愛”がまたもや炸裂したー。

 11日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、松本が男子ハンマー投げの室伏広治(44)との“競艶”を熱望し、「そのために鍛えてきた」と思いをぶつける一幕があった。

 この日の番組では、今年の「新語・流行語大賞」のノミネート30語が発表されたニュースが取り上げられた。ゲストの指原莉乃(25)、泉谷しげる(70)らが私見を語っていく中、MCの東野幸治(51)は、中年男性同士の純愛を描く田中圭(34)主演のラブコメディーで、同賞にノミネートされた「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)に着目。同作のファンだといい、「芸人がやるとふざけた感じになるけど、役者さんが真面目に同性愛のことをやっている感じ」と紹介した。

 松本は「見たことはないですけど…」と語りながらも興味津々。東野が「田中圭さんが、風呂上がりとかシャワーとか(のシーン)で、おもむろに脱ぐんですけど、その体がすごいんですよ」と“見どころ”を語ると、松本は「じゃあ、パート2は俺と室伏(広治)でいくか」とつぶやいた。

 芸能界屈指の筋肉の持ち主と五輪金メダリストの夢の“競艶”構想に、東野は「そんなん言うたらホンマにオファー来ますよ!」とハイテンション。指原が「ムキムキがいいわけじゃない」とツッコむも、東野は「田中圭君もムキムキやけど、うちの先輩のムキムキも見てほしいっちゅうねん!」と譲らず、松本も「そのために鍛えてきたんやから」と同調した。先週に引き続き、室伏への愛を明かして憚らない松本に、スタジオは爆笑に包まれた。

 4日放送の番組で、松本はゲストの陣内智則(44)から、プライベートで「男性有名人で抱かれるなら室伏」「生まれ変わるなら室伏」などと語るなど、異常なムロフシ愛を見せていることを暴露され、話題を呼んでいた。(zakzak編集部)

関連ニュース