記事詳細

【外国人が見るニッポン】電車で避けられたと勘違いする外国人達 (3/3ページ)

 避けられるポイントはそれだけではありません。足や腕を組む(態度がデカい)人、香水や体臭がキツイ人、なんとなく不潔そうな人、電話で大声で話している人、集団でうるさく喋っている人…こういったマナーの悪い人たちの隣にも座りませんよね(僕も絶対避けます。面倒ごとは嫌やからね)。

 もちろん、全ての外国人のマナーが悪いとはいいませんが、文化の違いによって思わぬマナー違反をしてしまっている人が多いのも事実。そしてそれが日本人が外国人を避けているという勘違いへと繋がるのです。

 「郷に入っては郷に従え」という言葉は、他国に行く外国人を牽制するための言葉ではありません。よその国でぶつかるであろう壁をできる限り低くすることで、少しでも嫌な思いをせずに済むように考えられた、外国人を幸せにする言葉なのです。そのためには現地のマナーをよく勉強して、それを守ることが1番大切なのではないでしょうか。

 体格はどうしようもありませんが、日本のマナーをよく理解し、馴染むことができている外国人は日本人にも受け入れられますし、例え避けられたとしても、その理由がよく理解できます。だから嫌な思いなんてしないのです。

 まるで日本人が人種差別をしているかのように世界に思われるのは、どうも納得ができません。なので、これからは電車で避けられたという外国人がいたら、外国人だから避けられたんじゃないってことをしっかり伝えて行きましょうよ。

 明日も元気に電車通勤!って、東京の通勤電車にそんなことを考える余裕はなかったーー! すし詰めぇ~

 ■ブラス 1992年4月20日生まれ。ロシアで生まれ、5歳の時から日本に移住。かつては某動画配信サービスで有名配信者であった。現在はサラリーマンとして働く。

Instagram:https://www.instagram.com/buira/

Twitter:https://twitter.com/vlasx

関連ニュース