記事詳細

元二コラ人気モデル、日南響子が自殺未遂騒動の真相を語る 「人前で初めて話しました」

 20日深夜放送の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に元二コラ専属モデルの日南響子(24)が出演。かつて報道された「自殺未遂騒動」の真相について告白し、番組を盛り上げた。

 若いころからモデルとして活躍するなど、大人気の日南だったが、2013年、雑誌などから突然と姿を消してしまった。その原因があの自殺未遂報道だ。私生活の男関係で悩んでいた当時、タクシーと接触事故を起こしたことがネットで「人気モデル日南響子 男関係で自殺未遂」と報道され、さらに新聞の一面も飾ってしまった。

 しかし実は事故自体は接触した程度で、負ったのもかすり傷のみ。当時について日南は「全然大事故でもなんでもなかったのに、意識不明の重体って書かれて…」と振り返り、そして「何度か付き合っていた方とうまくいかず、別れるために警察に行っていた時期があって。半年くらいかけて警察に行っていた情報と事故をくっつけて自殺未遂っていうふうにやられた」と説明した。

 真相について「初めて人前で話しました」と述べた日南。この報道で当時契約していたCMや専属モデルの仕事はなくなり、事務所もやめてフリーに転身した。その後、2015年にヌード写真集を出版。現在は歌手・珠麟として「マスターベーション」というタイトルのCDをリリースするなど、アーティストとして活動を本格化させている。(zakzak編集部)

関連ニュース