記事詳細

卒業発表から一夜明け、指原「泣いちゃいましたね」 卒業後の活動について聞かれ…

 HKT48・指原莉乃(26)が16日、東京ドームシティホールで行われた「第8回AKB48紅白対抗歌合戦」に出演。15日のHKT48コンサートでグループからの卒業を発表した彼女が自身の持ち歌「それでも好きだよ」をグループのメンバーと一緒に歌いながら涙を流す場面があった。

 指原は森保まどか(21)のピアノ伴奏をバックに田島芽瑠(18)と同曲をしっとりと歌い上げた。途中で田島が泣き始めると、指原の目にもうっすら涙が。中盤からHKT48のメンバーが合流し、泣きながら歌うメンバーを見てしまった指原もついに涙腺が崩壊した。

 歌唱後、指原は「みんなが泣いちゃったので、泣いちゃいましたね。流されて」と苦笑い。田島が「もう悲しくて、さびしくて…」と言葉に詰まると、指原は「私、もしかしたら、今日、辞めるのかなって思った」とツッコみ、会場を大笑いさせた。

 司会の堺正章(72)が前日の卒業宣言について触れると、「一夜明けてみると、意外とすっきりしていて、メンバーに会ったらさみしさは出てくるんですけど、すごくすっきりしていて、これからが楽しみだなっていう感じです」とコメント。そして「AKB紅白も毎年正直『なげーな』と思っていたんですけど、どうしても出番が少ないじゃないですか。(毎年)ずっと見ているだけだったんですけど、今年はかじりつくように見れて。泣かないって決めてたんですけど、泣いちゃった…」と付け足し、会場を盛り上げた。

 卒業後について「アイドルを辞めたあとはどうしますか?」と堺から聞かれると、「どうしましょか!?どうしたらいいと思います?なんかの番組のアシスタントにしてくれませんかね?」とステージ上から訴えた。(zakzak編集部)

関連ニュース