記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】花田優一氏は貴乃花家が生んだ“七光モンスター” 平気で嘘をつき…「持ち上げられて当然」の精神 (2/2ページ)

 今回の離婚を受け、A子さんの父親の陣幕親方は女性誌の取材に対し、「(優一氏の)その名前を聞くと、気分が悪くなるよ!」と激怒している。

 「優一氏は記者に一貫して『自分は一般人だから』と、親のことやプライベートは聞くなという態度でした。それでいてタレント活動に熱心という矛盾。だから結婚していても平気で隠して嘘をついていた。今回、直撃に行った記者も当然無視です。相撲界のロイヤルファミリーにゴマすりしたメディアの責任も大きい。おそらく本人は持ち上げられて当然、ありがたみも感じていないでしょう。貴乃花家の教育が優一氏のような“七光モンスター”を生んだといえますね」(前出・芸能記者)

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

関連ニュース