記事詳細

欅坂46を卒業した志田がラストメッセージ ファン「やっぱり寂しいな…」

 欅坂46を卒業した志田愛佳(20)が、16日深夜放送の「欅って、書けない?」(テレビ東京系)に出演し、卒業にいたった心境とファンへの最後のメッセージを語った。

 番組MCの土田晃之(46)、ハライチ・澤部佑(32)とのトークで、卒業の理由について志田は、今泉佑唯(20)、米谷奈々未(18)と自身を比較したうえで「2人ほど理由がある訳ではないんですけど…」と切り出し、「休業中に、戻ってきてと何回か言葉をいただいたのに返事をしなくて、それがずっと続いて。自分の中ではそういうことなのかなって」と素直な気持ちを吐露した。

 欅坂46の活動については、「(スマホの)カメラロールを見ると、学生時代の写真が全部、欅坂46で。すごくいい思い出になったなって」と笑顔で振り返り、「欅って、書けない?」の収録が「仕事で一番好きでした」と語った。最後にファンに向けて「私も私らしく、これから過ごしていくので、みなさんもみなさんらしく過ごしてください。応援しています」とメッセージを送った。

 SNSでも、志田のラストメッセージへの反響は大きかった。ツイッターにはファンのコメントがあふれ、「最後に愛佳の言葉が聞けて良かった」「最後まで志田らしかった」「やっぱり寂しいな…」「欅坂46での活動が愛佳にとって良い思い出になって良かった」など、多くの投稿が見られた。(zakzak編集部)

関連ニュース