記事詳細

【大人のTV】“光の魔術師”の点描に迫る BSフジ「松下奈緒フェルメールの光を求めて」 (1/2ページ)

★「松下奈緒フェルメールの光を求めて」(BSフジ、23日午後9時)

 日本人が愛する西洋名画の巨匠の中でも、群を抜いて人気を誇るのがフェルメールだ。光の輝きまで描き出す写実的なタッチには驚かされる。

 番組では、ヨーロッパに映える女優、松下奈緒(33)がナビゲーターを務めており、フェルメールが一生を過ごしたオランダ・デルフトの街を訪れる。

 代表作でもある「真珠の耳飾りの少女」を前に、松下は近づいたり、遠ざかったりして、何度も見返している。これがフェルメール作品の正しい見方ではないだろうかと思う。

 遠くから見ると写実的なタッチだが、グッと近づくと、光は点で証言されていることに気付く。4Kで見るとさらにリアルだ。この「点描」こそフェルメールが“光の魔術師”といわれるゆえんだ。

 私も一度、「真珠の耳飾りの少女」を生で見た。ラピスラズリを使った「フェルメール・ブルー」と呼ばれる青色で塗られたターバンの美しさもそうだが、真珠の一粒一粒に描かれた光の点に息をのんだものだ。

関連ニュース