記事詳細

AKB48岡部麟が語る怒涛の2018年 1月17日のソロコンサートに「楽しみと不安は7対3。本当は不安しかないです」 (1/2ページ)

 AKB48チーム8・茨城県代表で、チームAキャプテンを兼任する岡部麟(22)への単独インタビュー。怒涛の1年を過ごした岡部に前回に引き続き、今年を振り返っての思い出や来年の目標などを聞いた。彼女が描く2019年とは?(zakzak編集部)

<この1年を振り返って一番楽しかったことは?>

 「全然予定はないですけど、一人暮らしをしたいなと思い始めて、物件の間取りを調べるのが楽しいです。窓が大きくて、収納が多い部屋が好きです。ホテルにずっといるので、収納が大事だなって思います。できれば、1LDKぐらいの部屋にいつか住めたらいいな~って思ってます」

<ほかに何かハマった物などは?>

 「ゲームセンターのコインゲーム。1、2時間ぐらいずっとやってます。4枚落とせたりすると、ちょうどいい(笑)。すごいストレス解消になってます。落とせたら快感です(笑)」

<では来年に向けての話も教えてください。1月17日には、TOKYO DOME CITY HALLで初のソロコンサートが開催されます。ズバリ、やってみたかったですか?>

 「実力をつけてからと思ってたので、『早!』って思いました(笑)。やりたいと思っていた演出をメモしておけばよかったと思いました。本当に実現すると思わなかったのですが、やりたい曲はずっとメモしています。せっかくの機会だから来てくれた方全員をトリコにして満足してもらえる内容にしたいです。楽しみと不安の割合は…7対3ぐらい。そうしておかないと来てくれないかな、って(笑)。本当は…不安しかないです!」

<家族にも来てほしいですか?>

 「家族はいいです(笑)。親はコンサートにあまり来ないですね。茨城でのコンサートは来てくれたこともあるんですけど、親が見ていると、私の調子狂っちゃうので(笑)」

<ソロコンをするうえでご両親からのアドバイスは?何か言ってくださったりは?>

 「『モーニング娘。さんの曲を歌って』と。何の曲か忘れたんですけど、『あなたの声質に合うんじゃない?』って。何だかんだ応援してくれています」

<1月18、19日には「AKB48リクエストアワーセットリストベスト100」が開催されます。チーム8の「47の素敵な街へ」は2016年以降3位、2位、2位と“足踏み状態”で、ファンも含めメンバーにとっても4年越しの1位を期待しているのではないでしょうか?>

 「チーム8は卒業しちゃう子もいれば、休業から復帰した子もいるので、来年も3位以内になれば、全員でそろって歌えるので、またベスト3に入ればいいいな、と思っています。今年こそ1位も面白いなって思うんですけど、2位で『またかい!』っていうのもありかな(笑)」

関連ニュース