記事詳細

秋元康氏が異例41人の選抜制ガールズバンド「THE COINLOCKERS」プロデュース 元AKB48早坂も参加 (1/2ページ)

 AKB48グループ、乃木坂46・欅坂46の“坂道シリーズ”などを手がける作詞家の秋元康氏(60)が新たにプロデュースする41人組ガールズバンド「THE COINLOCKERS」(ザ・コインロッカーズ)」のお披露目会が23日、東京・Zepp Tokyoで行われた。

 秋元氏がレコード会社のワーナーミュージック・ジャパンとタッグを組み、9月にスタートさせた「国民的ガールズバンド」プロジェクト。「夢は弾いて叶えろ!」をキーワードに、楽器やバンドの経験を問わないメンバーをオーディションで選考した。お披露目会は無観客の状態で行われ、秋元氏、ワーナーミュージック・ジャパンの小林和之代表取締役兼CEO、そしてバンドメンバーが登壇した。

 「これからはバンドが面白いんじゃないかと。普通のバンドではなく違った形にしたいので、各パートに何人も候補がいて、楽曲によって決める。夢を見る原石がお互いを磨きあったら面白いんじゃないかと思います」と秋元氏。小林氏も「演奏がすごくうまい子もいます。普通のバンドよりもすごい物ができるかもしれないですし、初体験の試みなのでワクワクしている」と期待を寄せた。

 バンド名の由来について秋元氏は「コインロッカーで大切なものを取り出したり、もうひとつの自分になれる何かがあるんじゃないかと。そこに彼女たちの夢があるんじゃないか」と説明。今後、楽曲に合わせてパートを選抜していくという斬新なスタイルで、「ギターなどのパートで、楽曲によってメンバーが変わる。アルバムを作るときも彼女たちの特性を生かして作りたい」と明かした。

 デビュー時期について小林氏は「来年の6月ごろ」と明言。さらに「1年後の今日、来年の12月23日にここでワンマンライブをやります!」と発表すると、メンバーから拍手が起こった。「Zepp TokyoのSOLD OUTを目指す」というのが最初の夢として掲げられた。

 ステージには41人のうち、学校の都合で欠席した1人を除く40人が登壇。合格者の年齢構成は13~19歳で、平均年齢は16・9歳であることが発表された。メンバーの詳細なプロフィルは明かされなかったが、元AKB48チーム8、山形県代表の早坂つむぎ(17)がメンバーとして名を連ねるなど、今後も何かと話題を提供してくれそうだ。

関連ニュース