記事詳細

【こだわりの極意】新年、謝らないといけないこと… 波紋呼んだ「パンクは虚構」発言 (2/2ページ)

 マルコム・マクラーレンと、ロックをアクセサリーにしたヴィヴィアン・ウエストのコンビが作り上げてきたもの。言ってみたら楽器もできない、かわいい男の子たちを連れてきて「モンキーズ」をやったのと、同じようなこと。

 それをパンクだとして「あれは虚構だった」と番組で言ったもんだから、「ラモーンズも虚構なのか」「クラッシュも虚構だって言われちったよ」とおしかりを受けることになったのだ。

 この続きは来週に。

 今年もどうぞよろしくお願いします。

 俳優、高嶋政宏が音楽に、食に、演劇に、世の中のありとあらゆる事象にこだわりをもって語り尽くします。

 ■高嶋政宏(たかしま・まさひろ) 1965年10月29日生まれ。東京都出身。87年、映画「トットチャンネル」で俳優デビュー。ドラマ、映画、舞台で活躍し、今年は18日に「マスカレード・ホテル」が公開。その後も映画「キングダム」「空母いぶき」の公開が控える。

 芸能界一の洋楽フリークとして知られ、特にキング・クリムゾンは、自身で“スターレス高嶋”と名乗るほどのファン。

 昨年出版した「変態紳士」(ぶんか社)が大ヒット中。父は俳優の高島忠夫、母は女優の寿美花代、弟は俳優の高嶋政伸。妻は女優のシルビア・グラブ。

関連ニュース