記事詳細

HKT指原「卒業は1年早かった!?」、AKB小栗は「腹黒?」 占い芸人・島田秀平が診断

 8日深夜放送の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で、AKB48グループメンバーの280人の手相を鑑定する新春恒例企画「ラッキーガールランキング」が発表され、4月28日に卒業コンサートを行うHKT48・指原莉乃(26)が占い芸人の島田秀平(41)から「卒業は1年早かった」と診断された。

 指原は141位にランクイン。島田は「卒業は1年早かった」としたうえで、感情線が鎖状になった「ガラスのハート線」が出ていると述べ、「繊細で傷つきやすい」と指摘した。そして島田はメンバーたちに「(卒業して)1人になることで(指原に)不安が襲ってくる。卒業しても距離感を密に持って指原さんを支えてほしい」とメッセージを送った。この日、指原はスタジオに不在だったが、MCのウーマンラッシュアワー・村本大輔(38)は「スタジオにいなくして、尺を取る指原のすごさ」と驚いた。

 小栗有以(17)は128位だった。感情線に「お見通し線」があり、島田によると、これは「本質を見抜く頭のいい人の線」だというが、一方で「悪く言うと計算高い腹黒女」(島田)。スタジオから「え~っ」という悲鳴があがると、島田は「(小栗は)村本、ちょろいわ~(と思っている)」とコメントした。しかし小栗推しの村本は「また一段と好きになってしまいましたね」とニヤリ。小栗は悲しそうに首を横に振りながら、島田の考えを否定した。

 その後、島田の診断を受けて小栗も自身のエピソードを披露した。かつて横山由依(26)が「飲み物が飲みたいと思っている」と察知したことがあると切り出し、それに横山も「(小栗は気持ちを)分かってくれるんですよ!」と認めた。しかしそれには単純な理由があり、「飲み物持ってるほかのメンバーを私が羨ましそうに見ていたから」と横山。ウーマンラッシュアワー・中川パラダイス(37)が「(それは“お見通し”ではなく)観察力や!」とツッコむと、スタジオは大爆笑となった。

 そんな横山の握手会によく来ていたというドラフト3期生のHKT48・渡部愛加里(14)が115位に入った。渡部は横山を前に涙を見せ、「夢みたい」と感激。「先頭に立てるように頑張りたいです」と決意を語った。

 気になる上位と下位のランキングは次週以降放送される。(zakzak編集部)

関連ニュース