記事詳細

AKB岡田奈々が涙! チーム4が「秋葉原第4高校」ダンス部としてパフォーマンス! 欅坂46カバーにも挑戦 (1/2ページ)

 AKB48チーム4が13日、TOKYO DOME CITY HALLで「AKB48 チーム4単独コンサート~友達ができた~」を行った。この日はメンバーが「秋葉原第4高校」のダンス部という設定で、パフォーマンスを披露。「DANCE SHOW」と題し、こん身のパフォーマンスを見せつけた。

 山内瑞葵(17)センターの「猫アレルギー」からアイドルらしさ全開でスタートしたコンサート。最初のあいさつではキャプテンの村山彩希(21)が「最初からチーム4らしさが全開です!来てよかったと言っていただけるような最高のコンサートにしたいです」と意気込んだ。レッスン中を振り返り、山内は「浜(咲友菜)さんと仲良くなりたいと思って、声を掛けたら、お腹をパンチされました」と暴露。すると浜は「聞いてー!」と切り返し「ずっきーがしょうもないネタを言っていて関西人だからツッコんだだけ」と反論して会場の笑いを誘った。

 そんな話に大西桃香(21)が先生役としてジャージ姿で現れ、「あなたたちは秋葉原第4高校ダンス部、大事なダンス発表会は来年の冬」と割って入った。すかさず岡田奈々(21)は「すみません。大西桃香が来たらそういうコントが始まると思ってください!」とフォロー。大西が「そこの8人、まずはあいさつから始めなさい」と注意すると、「挨拶から始めよう」のイントロが流れ、山内ら8人が踊りだした。続く「気になる転校生」には正規メンバーに昇格したばかりで、「AKB48グループ 第2回ユニットじゃんけん大会」でユニット「Fortune cherry」として優勝した多田京加(19)が参加。「チーム4を日本一のチームにしたいです」と力強く述べた。

 「Dear my teacher」では、年長メンバーが制服衣装で登場。行天優莉奈(19)はワイシャツをはだけ、そのナイスボディーぶりを強調した。その姿に浅井七海(18)は「目が合うところがあるんですけど、目のやり場に困りました」。行天のセクシーさにびっくり仰天していた。

 中盤ではユニット曲をパフォーマンス。山内は、現在「IZ*ONE」で活動する宮脇咲良(20)のソロ曲「彼女」を歌唱し、「前からやってみたかった曲で、帽子の裏側(のロゴ)を今回は『MIZUKI』にしてもらいました」と喜んだ。また岡田、佐藤七海(18)、高橋彩香(17)がノースリーブスの「唇触れず…」を熱唱すると、永野芹佳(17)が「髪の毛が奈々さんが緑で、七海ちゃんが赤で、彩香が黒でクリスマスみたい」とツッコみ。「めっちゃ言われた」と驚く岡田に対し、今度は浅井が「『青春のラップタイム』で移動する姿が“非常口のマーク”みたいだった」と続けた。岡田は「バカにされてる?」と苦笑しつつ、そのポーズを再現。浅井は「素晴らしいから見習おうって」と敬意を示した。後半には乃木坂AKBの「混ざり合うもの」に加え、欅坂46の「サイレントマジョリティー」を佐藤がセンターでパフォーマンス。新たなチーム4の一面を見せつけた。

関連ニュース