記事詳細

AKB「ラッキーガールランキング」1位はNMB山本彩加、2位はNGT荻野由佳 最下位は…

 15日深夜放送の「AKBINGO!」(日本テレビ系)でAKB48グループメンバーの280人の手相を鑑定する新春恒例企画「ラッキーガールランキング」が発表され、1位にNMB48・山本彩加(16)が輝いた。

 手相芸人の島田秀平(41)が診断する毎年恒例の同企画。番組初出演でナンバーワンの手相となった山本はカリスマ線、勝負線、幸運のリングとされるソロモンの線が4本入っており、島田から「日本に留まらないくらいの活躍にとなる」と太鼓判を押された。2位はNGT48・荻野由佳(19)。タレント線が長いうえ二重運命線もあり、島田は「キング・オブ・アイドルの素質十分」と称賛した。

 一方、最下位となったのはHKT48・田中美久(17)。「信じられないです…」と絶句して涙を流した。島田は田中を「ガラスのハートの持ち主。心が弱ってきている状態」と指摘。さらに生命線が途切れていることに触れ「けがや病気のサインも出ている」と言い放った。そんな田中に松岡はな(18)は「ある意味、最下位なんて“持ってる”と思うので、私たちも支えて頑張りたい」とエールを送った。

 昨年選抜総選挙で1位となったSKE48・松井珠理奈(21)は7位に入った。文才を持つライター線と二重感情線があり、島田によると、エンターティナーとして能力を発揮する相だという。

 珠理奈と同じくらいきれいな二重感情線を持っているのが、ランキング作成時には研究生で対象外だったが、12月に正規メンバーに昇格した矢作萌夏(16)。矢作は感激して「じゃあ、総選挙1位ですかね?」と笑顔を見せた。松井は「この間、ゆきりんさんとライブで2人で歌ってましたよね?1年目で堂々と歌っていて、私はそれに感動しました。2倍の感動を与えられる人」と絶賛。柏木由紀(27)も「全く緊張しないんです。終わったらもう『アゲ~』みたいな」と矢作の大物ぶりを説明し、番組を盛り上げた。(zakzak編集部)

関連ニュース