記事詳細

【シネマパラダイス】木村拓哉が初の刑事役で挑むミステリー 「マスカレード・ホテル」

 東野圭吾・原作小説の映画化で木村拓哉が初めて刑事役に挑んだミステリー。

 東京で3件の連続予告殺人。警視庁刑事・新田浩介(木村)は4件目の現場が高級ホテル・コルテシアであることを突き止める。さっそく仲間とともにホテルで潜入捜査に乗り出した新田は、教育係で優秀なホテルマン山岸尚美(長澤まさみ)のもとでフロントクロークに成りすますが…。鈴木雅之監督。18日公開、上映時間2時間13分。

 【ホンネ】刑事とホテルマンという異色の組み合わせ。しかも水と油、正反対の性格と考え方の違う2人がぶつかり合いながらも相手のプロとしての価値観を理解していく過程が爽やか。刑事とホテルマンの心理的描写を巧みに演じ分けた木村の演技が見事。シンメトリー(左右対称)なつくりのホテルが絢爛豪華でミステリアス。(映画評論家・山形淳二)★★★★

 ★5つで満点

関連ニュース