記事詳細

「為せばなる」東大理III女子2人が掴んだミス日本の肩書き (3/3ページ)

 これから1年、晴れて2人は“ミス日本”の活動も加わってさらに多忙な日々となりそうだが、肝心の医学の道はどんな夢を描いているのか。

 「まだ医学の入り口に立ったばかりなので将来は見えませんが、なにか最先端の研究で患者さんに貢献できたらいいなと思っています。いま興味を持っているのは、脳神経、神経病理学の分野です」(度會さん)

 「昨年、病院見学の授業があって、大学病院の診療科があまりにも細分化されていることに驚きました。一言に内科や循環器内科といっても、その中でもたくさん分かれている。私自身は子供が好きなので小児科や産婦人科医を志して東大に入りましたが、どんな道に進むのかは、これからじっくり勉強して決めていきたいです」(高橋さん)

 グランプリに輝いた度會さんは、「芸能活動にはまったく興味がない」と言い切るが、まさに才色兼備の極みといえる“肩書き”を手に入れた2人の今後が楽しみだ。

 ●撮影/渡辺利博

NEWSポストセブン

関連ニュース