記事詳細

【2019 年女いい女】野呂佳代、お笑いスキルも高い芸歴19年のベテラン (1/2ページ)

★(4)

 テレビ東京系「ゴッドタン」では相変わらずの迷走ぶりを見せているが、野呂ちゃんも、もう36歳になる。

 AKB48からSDN48を経て、今のバラエティータレントのポジションにたどり着く。とはいえ、AKB時代から「M-1グランプリ」に挑戦しており、今の立ち位置はなるべくしてなったものかもしれない。

 実は芸能界デビューは2000年というから芸歴も19年。なかなかのベテランの域なのだ。

 それでも今も体当たりの芸風をみせる。「イベントで同じ事務所の先輩であるダチョウ倶楽部と共演した際、お約束であるキス芸を披露するなど腹は据わっています」と演芸評論家。

 アシスタントとして出演していた「ゴッドタン」では、元アイドリング!!!の朝日奈央(24)とともに「にゃんこスター」の縄跳びネタを完コピして話題を集めたことも。

 ところが、どうも上滑りする傾向が…。先の「ゴッドタン」では、松丸友紀アナ(37)の復帰を受けて、再度アシスタントの座をかけて、松丸、朝日と対決。

 しかしことごとく滑ってしまった挙げ句、劇団ひとり(41)から「おまえの一番ダメなところは、わからないところ」ときつ~いダメ出しを受けるハメに。

 「お笑いのスキルもなかなか高いのですが、必死になりすぎてリアクションがワンパターンになりがちなんです。結局、番組ではダメ出しを受けたことで笑いが生まれたのですが、ゴッドタンはそういうイジりがうまい。ただ他のバラエティーではなかなか彼女を生かせないというジレンマがあるようです」と先の演芸関係者。

関連ニュース