記事詳細

【ぴいぷる】「待たせたな!」声優・神谷明、72歳“声高らかに”ヒーロー続投宣言! 20年ぶりに「冴羽りょう」が復活! (3/3ページ)

 声優として初めてラジオ番組「オールナイトニッポン」のDJを務め、歌手として公演も開催。

 「声優でソロコンサートを開いたのは私が初めて。若い声優にもいろいろなジャンルに挑戦してほしい。声優の魅力を未来へ伝えてほしいから」

 声優という職業を世間に認知させ、子供や若者たちの憧れの仕事として確立させた功労者の言葉は優しく、そして重い。

 70代に入っても、声優業にかける情熱は衰えを見せない。その原動力を聞くと、「大先輩の野沢雅子さんが、まだ頑張っているんです。私なんてまだまだ…」。

 バリトンの冴羽りょうの地声で力強く続投宣言した。(ペン・波多野康雅 カメラ・渡邊大輔)

 ■神谷明(かみや・あきら) 1946年9月18日生まれ。72歳。横浜市出身。東京都立芝商業高校卒業後、「ルパン三世」の声優として知られる山田康雄らが所属する劇団「テアトル・エコー」に入団。70年、テレビアニメ「魔法のマコちゃん」の千吉役でアニメ声優としてデビュー。73年に「バビル2世」のバビル2世役で初主演。80年代、「キン肉マン」のキン肉スグル、「北斗の拳」のケンシロウ、「シティーハンター」の冴羽りょう、「うる星やつら」の面堂終太郎など人気キャラクターの声を担当し、アニメブーム、声優ブームを牽引する。「007」シリーズのピアース・ブロスナンなど洋画の日本語吹き替えやラジオのDJ、歌手、ナレーターなど幅広く活動している。

関連ニュース