記事詳細

女優、渡辺麻友が京都で“江戸娘”を熱演! 「山本耕史さんにはいろいろ教えていただきました」 ドラマ「紀州藩主 徳川吉宗」 (1/3ページ)

 女優の渡辺麻友(24)が8日に放送されるスペシャルドラマ「紀州藩主 徳川吉宗」(BS朝日)に“ヒロイン役”として出演する。主演の山本耕史(42)が“暴れん坊将軍”こと、8代将軍、徳川吉宗の若き日を演じる本作で、麻友は父と寺子屋を開くヒロイン・市を演じている。2018年11月、京都・太秦の東映撮影所で行われた会見で、麻友は「皆さまと出会っていく中で、市自身のある過去が明かされていきます。市は芯の強い女性として描かれているので、そういうところも表現できるように演じました」と意気込んだ。

 17年の年末に11年在籍したAKB48を卒業。18年は1人の女優としてドラマやミュージカルに出演するなど大活躍を見せた。さらなる飛躍が期待される19年。京都で撮影に打ち込む彼女をzakzakが直撃した。その模様を2回に分けて紹介する。(zakzak編集部)

<時代劇はスペシャルドラマも含めて3度目の出演になります。時代劇といえば「京都の撮影所」が昔からのスタイルですが、京都で時代劇を撮るということに対する麻友さんの思いや醍醐味について教えてください>

 「今まで出させていただいた時代劇はすべて京都(東映)で撮らせていただいています。初めて来たときはまさに“未知の世界”でした。歴史が長い場所ですので、私、勝手にビビっちゃって(笑)、『私なんかが許可なくここに足を踏み入れていのか!?』みたいな感じでした。

 でも、いざ踏み入れてみると、そこはすごくあたたかい場所でした。とにかくスタッフの皆さんがあたたかく迎えてくださって、それですごく安心できましたし、2回目に来たときも皆さんに『また来たね』っていっていただいて、そして3回目になっても今までと同じようにあたたかたく迎え入れてくださって。それがすごくうれしくて、今ではここが大好きな場所になりました」

<今では時代劇に出るのが楽しみに?>

 「はい。そうですね。何か、想像と全然違ったので、そのギャップにすごく驚かされました」

<スタッフの皆さんがまさに“職人さん”という感じなんです>

 「そうですね、たたずまいからしてそんな感じがします!今回のスタッフの皆さんも職人ぞろいっていう感じで、お化粧してもらったり、カツラをかぶせてくださったり、着つけをしてもらったりと、お世話をしていただいているのですが、そのたびにじっと観察してしまいます。すごいですよね、現代劇ではない“職人技”みたいなのをいつも感じています」

<今回は俳優の山本耕史さんと共演しました。ズバリ感想は?>

 「初めてお会いして、初めて時代劇でご一緒させていただきました。山本さんは時代劇の経験も豊富で、いろいろなことを教えていただいたりもしながら、すごく楽しくて、同時にたくさんのことを学ばせていただきました。『貴重な経験をさせていただいているなぁ』とお芝居をしながら感じていました。本当に頼もしかったです」

関連ニュース