記事詳細

女優、渡辺麻友が京都で“江戸娘”を熱演! 「山本耕史さんにはいろいろ教えていただきました」 ドラマ「紀州藩主 徳川吉宗」 (3/3ページ)

<17年末にAKB48を卒業し、18年は芸能界で1人で活動した1年でした。麻友さんにとってこの1年はどんな時間でしたか?>

 「17年まで11年間AKB48に在籍していて、辞めて初めて1人で過ごす1年だったので、18年は自分を知ることができた1年だったかなって思います。結構、知らないことが多かったです、自分について」

<渡辺麻友という人間は自分から見てどんな人間でしたか?>

 「出来損ない(笑)」

<それは言い過ぎでしょ(笑)>

 「本当に出来損ないです(笑)。私って何にもできないなって」

<例えば?>

 「いっぱいありますよ!忘れものしたりとか、何もない場所でつまづいたりとか…。本当に『私ってヤバイな』って思いますした。AKB48にいたときは、結構、しっかりしているって言われることが多くて、またはそう見られていたのか、もしくはそう見つくろっていたのか、今となっては自分でもよくわからないんですけど、あのころは自分としてもそう思っているふしがあったんです(笑)。でも、実は全然しっかりしてなくて!びっくりしました。自分に」

<麻友さんは3期加入で、かなり初期からAKB48で活躍して、その後、後輩たちがたくさん入ってきたので、自然とそう見られがちだったんですかね?>

 「本当にこの1年は自分が情けなくなりました」

<勝手ですが、これまでずっと「渡辺麻友=しっかり者」というイメージを持ってきました(笑)>

 「そうなんですよ。でもそれは…イメージだけでした(笑)。24、25(歳)にもなって、あまりにもヒドイなと。何もないところで本当によくつまずくんですよ。スマホもよく忘れますし(笑)。挙げればキリがないんですけど、そんな自分に気づかされて『まともな人間になろう!』って思い知らされた1年でした。ただ時間が1年では全然足らなかったので、もうちょっとかかるのかなって思ったりしています(笑)」

<ではゆっくり時間をかけて…>

「時間をかけて、まともな人間になります!努力していきます!」(つづく)

★1名さまに渡辺麻友さんのサイン入りインスタント写真をプレゼントします。応募方法はツイッター「zakzak公式エンタメ部」をフォローしていただき、 #zakzakプレゼント渡辺麻友  と14日までにツイートしてください。※すでにフォローされている方はツイートのみでOKです!

■プロフィル

渡辺麻友(わたなべ・まゆ)

1994年3月26日生まれ、埼玉県出身。2006年、AKB48の3期生としてグループに加入。17年にグループを卒業し、ソロに転向。女優としてはドラマ「さばドル(12年、テレビ東京系)や「戦う!書店ガール」(15年、フジテレビ系)、「サヨナラ、えなりくん」(17年、テレビ朝日系)、「いつかこの雨がやむ日まで(18年、フジテレビ系)で主演を務めている。

関連ニュース