記事詳細

“江戸娘”渡辺麻友を直撃! ソロになって1年…現在のマイブームや女優としての苦悩をまゆゆが告白 (3/3ページ)

<では最後に、麻友さん目線で感じたドラマの見どころを紹介してください>

 「私たちの世代だったり、私たちのよりもさらに下の若い世代の方たちになってくると、人によっては時代劇っていうのはなじみ深いものではなくなってきているのかなとは思うんですけど、この作品は3時間という大作であり、その中にいろんなシーンや要素が盛り込まれているので、退屈せずに見ることができると思います。さらに“案内役”という演出もあるので、普段時代劇を見ないという方にもよりわかりやすく見れると思います。歴史の勉強になる部分もあったりするので、若い世代の方にもぜひ見てほしいです。同時に、若い人たちの時代劇の世界の入り口みたいな作品にもなればいいな、と思っています。

 もちろん、普段から時代劇を見られている方にも満足いただけると思います。今までの時代劇とは一味違うといいますか、新しい要素もありますので、そういう目線で楽しんでご覧になっていただけたらうれしいです。楽しみにしてください」

<今後も時代劇には出続けたい?>

 「出続けられるなら、ぜひお願いしたいです。演技はまだ未熟ですけれども、やっぱり時代劇って、俳優として全員が全員出られるというわけではないですし、そこで演じられて活躍できるというのはとても貴重なことだと思うので、また機会をいただけるように努力していきたいです」(おわり)

★1名さまに渡辺麻友さんのサイン入りインスタント写真をプレゼントします。応募方法はツイッター「zakzak公式エンタメ部」をフォローしていただき、 #zakzakプレゼント渡辺麻友  と14日までにツイートしてください。※すでにフォローされている方はツイートのみでOKです!

■プロフィル

渡辺麻友(わたなべ・まゆ)

1994年3月26日生まれ、埼玉県出身。2006年、AKB48の3期生としてグループに加入。17年にグループを卒業し、ソロに転向。女優としてはドラマ「さばドル(12年、テレビ東京系)や「戦う!書店ガール」(15年、フジテレビ系)、「サヨナラ、えなりくん」(17年、テレビ朝日系)、「いつかこの雨がやむ日まで(18年、フジテレビ系)で主演を務めている

関連ニュース