記事詳細

キンコン梶原“言い訳謝罪”で止まらぬ炎上 「潔くない姿勢」に問題?

 ユーチューバーのカジサックとしても活躍するお笑いコンビ、キングコングの梶原雄太(38)の炎上が止まらない。面白かろうとやったことがことごとく裏目に出て、謝罪するハメに。しかしその謝罪も一言多いせいで…。

 4日配信の動画で、後輩芸人ヤスタケが大切にしているスニーカーを菓子の「スニッカーズ」に置き換えるというドッキリをしかけた梶原。しかしネット上では不愉快だという批判が相次いだ。

 このため梶原は生配信で謝罪したが、その中で「いつかヤスタケも知名度が上がればいいな、と思って」とドッキリをしかけたことを言い訳。

 評論家の宇野常寛氏はイベントで共演した梶原に対して、絡み方が失礼だと激ギレし、ツイッターに投稿した。「宇野氏の投稿によると、梶原は形式的な謝罪はしたが、『みんなが面白くなるためにした』と自己弁護を繰り返したそうです」と芸能サイト編集者。

 さらに関西のバラエティー番組で、お笑い芸人サンシャイン池崎が両親のために建てた家を「公衆便所」と例えて炎上した。

 「この件も動画で謝罪しましたが、バラエティー番組なのだから、池崎がおもしろく映るようツッコミを入れることは間違っていないという持論を展開したのです」と先のサイト編集者。

 「梶原は炎上のたびに謝罪しても必ず言い訳を入れてくる。この潔くない姿勢が炎上を呼び込んでいるのです」とも。

 炎上なら相方にまかせておけばいいのに。

関連ニュース