記事詳細

SKE松村、キャバ嬢時代の上客が番組スタッフと暴露! AKB矢作、“須田流”あざとい握手に堂々胸を張る!

 19日深夜放送の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で、SKE48の卒業を発表している松村香織(29)がキャバ嬢時代に番組スタッフが客として来ていたことを暴露した。

 この日はAKB48グループメンバーが暴露合戦を行う「ぶっちゃけベースボール」が行われた。グループ加入以前に新宿・歌舞伎町のキャバクラで働いていた松村は「いろんなお客さんが来ていて、一番言いたい人がいる」と切り出し、「なんと『BINGO!』のスタッフさんが来てくれていたんです」とぶっちゃけ。「10年前です。指名で」と強調し、そのスタッフに「あっちゃ~ん」と甘い声で呼びかけた。

 サブコントロール室にいた技術の男性スタッフがその相手で、「誕生日にマイメロディのケーキを持ってきてくれて本当にありがとう!」と松村。生々しいエピソードであらためて感謝を伝えた。スタッフは「返事できないよ」と照れながら手で顔を隠した。

 松村はサブまで出向き、「あっちゃん」と10年ぶりの対面。「久しぶり」とボディタッチをし、「めっちゃいい人。ボトルも入れてくれるし、後輩を連れて人数を稼いでくれる」と“上客ぶり”を明かした。スタッフから「(卒業後も)引き続き応援しようかな」と激励を受けると松村は目をうるませて感激し、固い握手を交わした。

 また加藤玲奈(21)は、矢作萌夏(16)の握手会対応について「握った手を自分の胸元に寄せながら、あざとい握手をしています」とぶっちゃけ。しかし矢作は「それで売れてるんだから、よくないですか?」と堂々と胸を張った。その理由について矢作は「SKE48に姉(矢作有紀奈)がいて、須田亜香里さんから『握手会は人と違うことをしないといけないよ』と教えてくださって」とコメント。姉経由で、須田の姿勢を学んだ結果だと説明した。

 須田は「私はとんでもないモンスターを生み出してしまった?」とビックリ顔。矢作は「握手、来てください!」と呼びかけて、番組を盛り上げていた。(zakzak編集部)

関連ニュース