記事詳細

【ご用心!大厄の美女たち】女子アナ編 NHK・桑子真帆アナ バツイチ女性の円熟味ムンムン…もっとも独立が近いとの噂も (2/2ページ)

 一方で離婚したことがプラスに作用しているという声も。「最近はバツイチ女性の円熟した雰囲気が漂っている」と指摘するのは出版関係者。

 昨年総合司会を務めた紅白歌合戦での衣装はネット上をざわつかせた。

 「冒頭で着ていた胸元が大きく開いたゴールドのドレスはセクシーで、はみ出そうなほど豊満なバストを見せつけていました。Fカップといわれていますが、さらにサイズアップしているのでは。フリーなら写真集のオファーも殺到するのでは」と先の出版関係者。

 ただ民放各局の人気女性アナが相次いで退社しているという現状に「当面、独立する気はないようですよ。ただNHKはアナウンサーも地方局への異動は避けられません。東京志向なので異動にかかれば、動きがあるかも」と先のNHK関係者。

 ■桑子真帆(くわこ・まほ) 1987年5月30日生まれ、31歳。川崎市出身。東京外国語大学ロシア・東欧課程を卒業後、2010年にNHK入局。長野、広島放送局と異動し、15年から東京アナウンス部。「ニュース7」「ブラタモリ」「ニュースチェック11」を経て、17年4月から「ニュースウオッチ9」のキャスターを務めている。

関連ニュース