記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】独占激白! 元貴乃花親方“芸能事務所入り”の真相 「息子の尻拭い?そういうことでは…」 (1/2ページ)

 「ジャーナリストの中村さんがきちんと裏付けを取って取材されたものであれば、私は何を書かれても一向に構いませんよ。息子に関する記事がたとえ批判的であったとしても、世間が彼をどう見ているかという物差しでもありますし、それはそれで厳しく書かれても仕方ないと思います」

 先週の火曜深夜、東京・六本木の飲食店で会った元貴乃花親方(貴乃花光司氏・46)は、私にこう語った。これまで長男で靴職人の花田優一氏(23)について、実際に起きたトラブルをテレビや記事で紹介してきた経緯があり、親としても気を悪くしているだろうと思い、おわびしたのだが、こちらが拍子抜けするくらい同氏は公明な反応だった。

 そもそも子煩悩で知られる貴乃花氏。一男二女の子供に注ぐ愛情は計り知れないが、だからこそ、芸能人ぶって浮かれている長男の言動を危惧しているようだった。その口ぶりは落ち着いていて、同席した2時間も終始穏やか。

 「貴乃花さんは相撲協会と対立した際にカメラやマイクを向けられても一言もしゃべらず、当時怖いとか言われましたし、そのせいか憮然としたイメージがあります」

 「いやあ、あのときは話そうにも話せない状況だったんです。いろんなものと戦っている最中だったので、表情も険しくなっていたかもしれませんね。本当にお騒がせして申し訳ありませんでした」

 そう説明する貴乃花氏は、表情が曇ることはなく笑顔だ。

関連ニュース