記事詳細

【夕刊フジ創刊50周年】THE ALFEE・高見沢俊彦さん「独特の視点が面白くて高1から愛読」

 1970年、高校1年生のとき帰りの駅で買って以来だから49年間、長い付き合いになる。オレンジ色の紙面と、当時は珍しいタブロイド判だったんで手に取ったんだ。

 一般紙やスポーツ紙とは違う、独特の視点だから面白い。歴史好きなので井沢元彦さんの連載や、今年から始まった織田哲郎くんの連載も楽しんでます。今は電子版を愛用しているけど、バックナンバーも読めるから便利だね。

 政治や経済、事件、スポーツからエンタメ、競馬まで何でも載っているから、夕刊フジを読めば日本の社会情勢がすぐに分かるっていうと、言い過ぎかな。結局、判断するのは読んでいる自分なんだから。

 健康のページは今はマスト。耳寄りなデータなんか載っていると、メンバー(坂崎幸之助、桜井賢)にも教えてるよ。

 デビュー45周年を迎えて思うことは、長く続けることの難しさ。僕らも「仲違いしないの?」とかよく聞かれるけど、僕らに限ってそれはなかったから続いてきたの。ただライブでも自分たちが面白いと思わないと観客に伝わっちゃう。観客に合わせすぎてもダメだし、それって新聞も同じじゃないのかな。

 とにかくこのまま100周年を目指してほしいな。そこまで読み続けてるから、そのときまたインタビューしてよ。

関連ニュース