記事詳細

歌のお兄さんから俳優へ! 横山だいすけインタビュー「体が鈍らないように発声みたいなことをやっています」 (1/2ページ)

 歌のお兄さんが眼鏡を掛けて若手刑事に!?

 木曜ミステリー「刑事ゼロ」(テレビ朝日系)で、京都府警捜査一課13係の内海念也(としや)を演じる横山だいすけ(35)への単独インタビュー。20年間の記憶を失った主人公刑事を演じる沢村一樹(51)をはじめ、寺島進(55)、渡辺いっけい(56)らベテランと、戦友でもある瀧本美織(27)に囲まれた現場で、自ら演じる役に誰よりも夢中になっている彼を京都の撮影所で直撃した。連載は今日がついに最終回。ラストは気になる私生活と今後について話を聞いた。(zakzak編集部)

<ドラマ撮影中の横山さんの生活スタイルを教えてください>

 「東京と行き来はしているのですが、家ではないところにこんなに長期間滞在するのは未経験だったので、すごく楽しいですね。俳優部の男性陣の中では一番年下なので、撮影終わった後に先輩方がご飯に連れて行ってくださるんですが、そこでいろいろなお話を聞くという経験も今までの人生の中であまりなかったです」

<京都のおいしいご飯より、お話のほうが印象に残っている感じですね(笑)>

 「完全にそうですね(笑)。そういう時間が、俳優・横山だいすけの血肉になっていっているような気がします」

<普段から規則正しい生活をするタイプですか?>

 「比較的早寝早起きです。寝ないとダメな人なので寝るようにはしているのですが、でもご飯の時間はわりとまちまち。今はとにかく台本を読むことが1日の中心になっています」

<台本はどういう環境で読まれるのですか?>

 「自分の部屋で、とにかく音読しています。それを録音して、ちゃんと言えているのかな?と確認しながらひたすら。スマホ大活躍ですよ!『ちょっと聞こえづらいかな?』『やり直してみよう』って」

<普段からそういう取り組みを?>

 「いえ、『刑事ゼロ』に入ってからですね。人生でこういう言葉を発することはなかなかないなというセリフがたくさんあるので…。歌のお兄さんのときは『みんな○○しようね!』と短いセンテンスでしゃべることが多かった分、7年目の刑事としてちょっとでも不自然じゃないようにできたらいいなと努力しています」

<冬の京都での撮影ですが、体調管理の面で意識していることは?>

 「それがですね、思ったより寒くない日が多いんですよ今回の冬!みんなに『寒いから気をつけてね』『(撮影で)ダムに行くときは絶対寒いから!』って言われていたんですけど、新年1発目、ダムでロケしたらすごくいい天気で、すごく暖かくて。帰るときにはダウンジャケット着ないでいいんじゃないかってくらい。前日は何枚下着を重ね着したらいいんだろうって悩んでいたのが嘘みたいでした」

<それはラッキーですね!>

 「去年撮影隊が来たときは、膝下まで雪が積もっているような場所だったみたいなんですけどね(笑)。だから思ったより京都の寒さをそんなに体験していないんですよね。撮影スタート時期には京都の紅葉を見られたし」

関連ニュース