記事詳細

歌のお兄さんから俳優へ! 横山だいすけインタビュー「体が鈍らないように発声みたいなことをやっています」 (2/2ページ)

<京都のお気に入りスポットは見つけましたか?>

 「まだ見つけてはいないのですが、これからやりたいなと思うのは、お茶を飲みに行ったり、抹茶を使ったデザートを食べたり、時間ができたらそういうのをやりたいですね」

<スイーツがお好きなんですね>

 「そうなんですよー!京都にはいっぱいあるじゃないですか。一度、抹茶のゼリーに白玉とあんこが乗ったぜんざいみたいなものを食べたら美味しかったので、いっぱい食べて回りたいですね」

<甘いものが好きだとすると、体作りは…?>

 「結構先輩方がジムに通われているので、僕も見習ってジムに行っています。あとは、歌を歌っていない時間が長くなってきてしまったので、体が鈍らないように発声みたいなことをやっています」

<ホテルの隣の人はびっくりされますね(笑)>

 「いえ、あまり声を出さずに、小さい声でできることをやっています。インナーマッスルを鍛えるイメージですね」

<俳優として、今後どうなっていきたいとお考えですか?>

 「正直、今は『刑事ゼロ』内海念也(としや)に夢中で、先のことより目の前の内海のことばかり考えているんです(笑)。最終回に向かって、内海がどんどん成長していく様子が視ている方の印象に残ればいいなと思いますし、それをやりきれた後に、次のステップとして『こういう役もやってみたい』『ああいう役もやってみたい』という意欲が出てくるんじゃないかと思います」

<今、まさしく俳優として変化の途中なんですね>

 「そうなんです、今、内海の魅力を発見することに喜びを発見してしまっているので。台本に書かれていない部分を、撮影をやっていく中で発見することが多く、楽しくて仕方ないですね」

<最後に、ドラマの見どころをお願いします!>

 「『刑事ゼロ』だけに、僕たち自身も“ゼロ”から新しい気持ちでやっていこうとキャストみんなで話し合いをして撮影を始めたんですが、見ていただくと、思ったよりミステリーミステリーしていない、新しいドラマと感じていただけるんじゃないかなと思います。でもトリックはかなり本格的なので、見ている人たちにも『あぁそういうことかー』と思ってもらえると思うんです!(熱弁)」

<すごいハマってらっしゃいますね!>

 「ハマってます!実際僕自身も一視聴者としてとても楽しく見ています(笑)。記者発表で沢村さんが『広い世代に見てもらいたい』と言っていて…歌のお兄さんだった僕がこのドラマに出ることが、今まで見ていなかった人にも触れてもらういい機会になるんじゃないかなと思って頑張っているので、ぜひご覧になってください」(おわり)

★2名さまに横山だいすけさんのサイン入りインスタント写真をプレゼントします。応募方法はツイッター「zakzak公式エンタメ部」をフォローしていただき、 #zakzakプレゼント横山だいすけ  と7日までにツイートしてください。※すでにフォローされている方はツイートのみでOKです!

●プロフィル

横山だいすけ(よこやま・だいすけ)1983年5月29日、千葉県出身。劇団四季を経て、「おかあさんといっしょ」(NHK)の11代目歌のお兄さんとして活躍

関連ニュース