記事詳細

神田愛花、夫のバナナマン日村とのキスは「上から乗っかって押さえつけて」

 7日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)でフリーアナウンサーの神田愛花(38)が夫であるバナナマン・日村勇紀(46)との新婚生活についてぶっちゃけ、番組を盛り上げた。

 神田は日村について「夫は恥ずかしがり屋で、(キスを)嫌がっちゃうんですよ」と意外な一面を告白。そのため「(日村が)ボーっとしているときに上から乗っかって、グって押さえつけてやる」と、マウント状態でキスしていると明かした。その話にMCのダウンタウン・松本人志(55)は「(映画)『スターウォーズ』のバケモンみたい」とツッコんだ。

 神田によると、日村は大のテレビ好きで、テレビとネットTVを同時に視聴するのだという。そんな夫に「全然夫婦の会話がない」とクレームを入れたが、「去年のクリスマスプレゼントに『愛花の券』というのをくれた」と述べ、一転、笑顔を見せた。

 それは12枚つづりで有効期限は1年。「それを行使すると10分間無音で私の話だけを聞いてくれる」という。その話にダウンタウン・浜田雅功(55)は「生意気!」とコメント。一方の神田は「1月に使ってみましたら、本当に集中して話を聞いてくれたんで、うれしい!」とその効果を力説した。

 松本が「神田さんが(立場が)下の感じなんですか?」と聞くと、「年も下ですし、旦那を尊敬してますので」と神田。夫唱婦随ぶりを見せつけた。さらに松本が「(日村は)ちょっとSっぽいところがあるんですか?」と質問すると、「昭和の男の人っていう感じ」と日村の素顔を明かした。

 神田はピンクが好きで、部屋にはピンクのバルーンなどが常時10個以上あるという。自分の部屋にある風船をリビングにも置こうとすると、日村から「私(神田)の部屋だけに収めなさい」と注意されることを話した。

 また神田は日村が朝方になると体がむくんで「1.3倍ぐらい(の大きさ)」までなると告白。その姿で背中を丸めた日村が「鞠みたい」で大のお気に入りだと話した。日村は結婚して10キロほど痩せ、「ちょうどいいかな」と笑顔で話し番組を盛り上げた。(zakzak編集部)

関連ニュース