記事詳細

不倫ゴマキ、元カレとエッチ2回 離婚は否定

 元モーニング娘。の後藤真希(33)に元恋人の男性(28)との不倫騒動が勃発した。14日発売の「週刊文春」が後藤の夫(30)が相手の男性を相手取り損害賠償請求訴訟を起こしていると報じたのだ。13日、後藤はブログで「昨年、夫とは別の男性と関係がありました」と認める事態に。何ともはやのLOVEマシーンだ。

 後藤は2014年に3歳年下の男性と結婚し、現在は長女(3)と長男(1)の2児の母として、ママタレとしても活躍している。

 「週刊文春」によると、後藤は昨年5月、元カレと肉体関係を持ち、それを知った後藤の夫が元カレに330万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。記事では、訴訟で提出された陳述書から後藤の不倫ぶりを浮かび上がらせているが、かなり生々しい。

 それによると、後藤と元カレは映画をみた後、元カレが宿泊していたホテルに入り、その場で肉体関係を持ったとしており、陳述書では《22日の昼と23日の朝の計2回肉体関係を持ってしまいました》としているという。

 さらにカラオケ店に行き、部屋の中でキスやハグをしたとも。がっつりやっちゃってるのである。

 13日にネットサイトの「文春オンライン」でも報じられたことを受けて、後藤は同日夜、公式ブログに直筆の文書を掲載。「昨年、夫とは別の男性と関係がありました」と不倫を認めて謝罪した。

 夫と話し合いを重ね、家族の大切さを改めて感じたとし、「これからは今まで以上に夫婦助け合い、子供たちや家庭を大事に育み、公私ともに精一杯の努力をして参ります」と離婚は否定している。

関連ニュース