記事詳細

夢見照うた 国民的アイドルを辞退してセクシー転身のワケ

 夢見照うたは、「国民的アイドルグループ」と形容される3つのグループのオーディションに合格していながら、全て辞退してAVの道を選んだ。

 「3グループとも高校1年生の時に受けました。最初は幼い頃から母とライブに通うほどファンだったグループ。記念受験だったので、合格はまさかの展開でした(笑い)。でも合格時に“触覚ヘア(両側の頬に髪を垂らすこと)は禁止”と言われ、受け入れられず辞退したんです。

 すぐに“会いに行けるアイドル”に応募しました。会場には茶髪でギャル系の子が多かったですね。私はハキハキ喋ったところが評価された気がします。ですが合格後、“黒髪に染めて”と言われ、こちらも辞退してしまいました。あの頃は自分の中で妙なこだわりがあったんです」

 しかし心を入れ替え、黒髪に染め直して臨んだ“3戦目”は今話題のグループ。

 「今度こそと覚悟を決めましたが、アイドルをしていた友人に研究生の稽古やグループ内の規律の厳しさを聞いて及び腰になってしまって。結局、こちらも合格した後に……」

 その後、秋葉原を拠点とする小さなグループで1年間だけ活動した。そこを辞めてからはバイト生活を送るが、徐々に別の“アイドル像”を目指すようになる。

 「AV女優のアイドルグループをテレビ番組で観て、皆さんとってもセクシーだと思って。日本のAV女優は海外でも人気なので、国民的アイドルにとどまらず、世界的アイドル女優になれるかもしれないと思ったんです」

 とはいえ、他人にセックスを見せることに抵抗はなかったのか。

 「もちろん抵抗はありました。でも観てくれる男性を元気にするんだから、国民的アイドルもAV女優も変わりはないって思ったんです」

 今後、アダルト界の“センター”になれるか--。

 【プロフィール】ゆめみて・うた/1998年、東京都生まれ。身長148cm、B83(Cカップ)・W58・H84。趣味はアイドルの追っかけ、特技はバトントワリング。衝撃のデビュー作『ザ・ラスト・アイドル・デビュー 夢見照うた』(KMP/million)が4月12日に発売。

 取材・文■河合桃子 撮影■井上たろう

 ※週刊ポスト2019年3月22日号

NEWSポストセブン