記事詳細

NGT48山口真帆「怒りの生ツイート」で運営側窮地! 会見ライブ配信がアダに… (1/2ページ)

 NGT48の山口真帆(23)への暴行事件で第三者委員会による調査結果の報告を受けて、運営会社のAKSが22日、新潟市内で開いた会見は前代未聞の事態に陥った。会見の生配信を見ていた山口が「なんで嘘ばかりつくんでしょうか」と怒りの反撃ツイートを5連投。十分に応えられない運営側に、ファンの不信がさらに高まる結果となったのだ。

 事件の発覚後、運営側の対応が後手後手に回ったため、ファンの不信は高まっていた。「運営側としては、この会見を幕引きとするつもりだったが、生配信があだとなった」と放送関係者。

 第三者委員会は、メンバーに一部のファンと私的交流があったことは認めたが、事件へのメンバーの関与は否定。これを受けて、運営側は運営組織に非があるとして、メンバーについては不問に付すとしていた。

 会見開始から約40分後、山口は、会見に臨んだAKS運営責任者兼取締役の松村匠氏を名指しで「(ファンと)繋がっているメンバーを全員解雇すると私に約束しました」とツイート。

 その後、山口は「私は松村匠取締役に1月10日に謝罪を要求されました」「繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈」「なんで嘘ばかりつくんでしょうか」と立て続けに爆弾を投下していったのだ。

関連ニュース