記事詳細

【ぴいぷる】「僕がギターを弾かんとシーナはがっかりする」シーナ&ザ・ロケッツ・鮎川誠 あふれる“ストーンズ愛” (1/2ページ)

 「ロックはタイムレス。ストーンズだって、今の音楽。心のワンジェネレーション。いつでも今が最高」

 黒い革ジャンに身を包み、サングラスをかけ煙草をくゆらせながら、シャイで知られる伝説のギタリストは訥々(とつとつ)と言葉を重ねた。

 昨年、NHKの朝ドラ「半分、青い。」で代表曲「YOU MAY DREAM」が劇中歌として使われ、再び脚光を浴びた「シーナ&ザ・ロケッツ」。今年デビューして41年目を迎える。

 1970年、当時“日本のリバプール”と呼ばれた福岡・博多でブルース・ロックバンド「サンハウス」を結成。後に“めんたいロック”と呼ばれるムーブメントの先駆けとなった。

 やがて妻・シーナと上京。78年にシナロケとしてデビューして以来、常にロック界の第一線で活躍してきた。

 しかし2015年、長年連れ添った妻をがんで亡くす。享年61。

 「病気と闘いながら、シーナは最後までステージに立ち続けた。バンドを解散することも考えましたが、僕がギターを弾かんとメソメソしてたら、シーナはきっとがっかりする」

 その言葉通り、17年には69(ロック)歳を記念して全国47都道府県ツアーを行い、自らギターを弾き、歌った。

 そんな鮎川を支えているのが、ロック界の偉大な先達、ザ・ローリング・ストーンズの存在だという。

 「中学の頃、みんなビートルズ、ビートルズ言うとった。自分だけのお気に入りがほしくてFEN(米軍極東放送)から流れるストーンズの『ノット・フェイド・アウェイ』を聞いた。リズムが大胆で激しく、暴れ太鼓みたいでぶっ飛んだ」

 街中のレコード屋を回って友達3人でお金を出し合いファーストアルバムを手に入れる。今でもA面「テル・ミー」、B面「かわいいキャロル」のドーナツ盤をよくかけていると言う。

関連ニュース