記事詳細

【30年の時を超えてミスDJ・千倉真理 読むっきゃない!!】やるっきゃない! 一目ぼれした「フランスの絵本」を日本で… 翻訳は小山薫堂さんしかいない! (1/2ページ)

★(6)

 この連載が始まった先日、1日から5日までパリに行っていました。パリには昔、夫の仕事の関係で2年ほど住んでいました。2005年、パリの書店でとても素敵な、白くて細長い絵本を見つけました。1人の男の子の成長を赤い糸でつづった作品。一目ぼれでした。

 この本をなんとか日本で出したい! そんな思いで版元に電話で突撃。フランス人の版権担当に聞かれました。

 担当「この本は大事に売っていきたいが、あなたの出版社は実績があるの?」

 私「歴史はすごく長いです。信頼もあります。ただ専門書をやっている会社なので、純粋な絵本は初めてです」

 担当「あら残念ね。販売力のある出版社にやってもらいたいのよ」

 私「…」

 その時は引き下がりました。その半年後、千倉書房に「予定していた版元が出版しないので、もしまだやりたかったら、連絡してください」とファクスが。

 やるっきゃない!

 そうそう、今も昔も「“やるっきゃない”って千倉さんが言いだしたのですよね」と言われますが、これは昔からの口ぐせです。80年代のミスDJでも「聞くっきゃないわよ」と自然に言っていて、今回のコラムのタイトルも「読むっきゃない」となった次第です。

 一目ぼれしたフランスのアート絵本。人生にはいつもいろんな“待ってる”が待ってることを描いており、イラストが本当に素敵。何が何でも日本で出すっきゃないわけです。

関連ニュース