記事詳細

【新橋のネクタイ巻き TV視てますか?】山下智久、濱田岳、菜々緒の“好バランス”トリオに期待! TBS系「インハンド」

 TBS系の金曜ドラマ『インハンド』は山P(山下智久)主演のヒューマン・サイエンス・ミステリー。けれどもコメディータッチ。そこが同じ山P主演でもフジ『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』と違うところ。

 山Pは右手に黒いロボット義手を装着し、専門は寄生虫という変わり種の天才科学者。その知識とひらめきを駆使し、お人好しの熱血助手の濱田岳、クールなやり手の美人官僚の菜々緒とともに科学・医療系の難事件を鮮やかに解決していく。

 山Pと濱田は12年前のタイムスリップもののフジ月9『プロポーズ大作戦』以来の顔合わせ。なので、できることなら懐かしの呪文「ハレルヤチャンス」を今回どこかで口にしてほしいのだが、他局のドラマだから無理かな(最近はNHKも含めて局間の垣根がかなり低くなってきたし、コメディー風だから、もしかすればもしかするかもと、最終回まで見続けるつもり…なんていう視聴者心理まで計算しての濱田起用だとしたら、TBS恐るべし)。

 しかも、濱田は『プロポーズ大作戦』では身長の低さがコンプレックスながら、背の高い榮倉奈々を射止めていた。今回は、榮倉奈々よりさらに背が高い(と思われる)菜々緒との共演(「なな」つながり?)。

 菜々緒の役は内閣官房サイエンス・メディカル対策室に外務省から出向してきた容姿端麗・頭脳明晰なエリート。だが、対する濱田も今回は山Pが『コード・ブルー』でふんしていた救命救急の専門医だから、決してひけはとらない。なんとも好バランスの素敵なキャスティングのトリオではないか。

 もちろん濱田と菜々緒は某有名CMで金太郎と乙姫として共演していることだし。

 山Pの義手の秘密はいずれ明かされるであろうから、それまではどんなに口跡に問題ありでも、がまんして見届けるしかない。(新橋のネクタイ巻き)

関連ニュース