記事詳細

竹内由恵アナ結婚でテレ朝“エース不在”危機 小川アナ、宇賀アナはフリー転身…弘中アナにも独立話浮上 (1/2ページ)

 エース不在の危機だ。テレビ朝日系『報道ステーション』でキャスターを務める同局の竹内由恵アナ(33)が結婚していたことが明らかになった。お相手は同学年で医師の一般男性。竹内アナは独立の可能性もささやかれ、エース級が相次いで流出した同局にとって新たな火種となりかねない事態だという。

 竹内アナの結婚は10日付スポーツ報知が報じた。2人は昨年8月頃に交際をスタートし、今年3月末に婚姻届を提出したという。夫は俳優の山崎賢人似のイケメン医師だという。

 竹内アナは慶応大在学中の2006年に「ミス慶応」に選ばれた美女。テレ朝入社後は『ミュージックステーション』や『やべっちFC』などで人気を集める。15年からは夕方の報道番組『スーパーJチャンネル』でキャリアを積み、昨年10月から『報ステ』に。月~木曜でスポーツコーナーを、金曜ではメインを務める同局のエースだ。

 竹内アナは今後も仕事を続けるというがそう簡単な話でもないようだ。

 「テレ朝に限らず、それまで人気のあった女子アナでも30歳を超えると起用の機会が少なくなる。テレ朝でもアラサー女子アナが結婚を機に退社するケースが相次いでおり、宇賀なつみアナ(32)や小川彩佳アナ(34)といったエース級がフリーに転身しています」と放送関係者。

関連ニュース