記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】NGT48山口真帆、しっくりこない「卒業」の表現 18日の卒業公演はどうなる

 不祥事を伴わないグループ脱退や番組降板を近年は“卒業”と表現している。

 「NGT48の山口真帆(23)のケースは“卒業”という言葉でいいのか。本人の無念さを考えると、脱退、離脱といった言葉のほうがしっくりきます」と首をかしげるのは民放の情報番組デスク。

 先日、神奈川・パシフィコ横浜で握手会が行われた。「報道陣に非公開だったので、会場周辺でファンの声を集め、オフィシャル素材と合わせて記事にした」とスポーツ紙記者。浮かび上がったのは、山口のファンが並ぶレーンは会場の端で間仕切り壁で目隠しされていたという厳戒態勢。

 「巧みだったのは、某紙のレイアウト。新聞の一段分を空白にし、壁のように見せた。ネット記事ではこういう工夫はできない」(前出・スポーツ紙記者)

 暴行被害に遭った山口の訴えは運営に通じず、他のメンバーとの溝も明らかになった。

 「18日に行われる卒業公演の参加メンバーは、公式サイトによると卒業する3人だけ。このまま強行されたら、残るメンバーに非難が集まりかねない。最終的には全メンバーに近い形の出席に落ち着くと思いますよ」と見立てるのは週刊誌グラビア担当者。18日、取材陣は新潟へ向かう。

関連ニュース