記事詳細

キンプリ「24時間テレビ」めぐり“板挟み” 休養中の岩橋玄樹が復帰企画に難色 (1/2ページ)

 ジャニーズ事務所の人気グループ、嵐が8月24~25日に日本テレビ系で放送される『24時間テレビ42 愛は地球を救う』のメインパーソナリティーを務めることになった一方、同事務所の次世代を担うあのグループの動向が注目されている。

 日テレが局をあげて毎夏に放送する大型チャリティー番組『24時間テレビ』の今年の顔は、嵐になった。嵐が同番組のメインパーソナリティーを務めるのは、番組史上最多の通算5回となるが、同局の情報番組スタッフはこう語る。

 「今年11月に20周年を迎えて、来年いっぱいで活動を休止する嵐の起用は、ウチとジャニーズ事務所さんの長きにわたる蜜月関係の賜物です。『24時間テレビ』に関しては近年、『チャリティー番組なのになぜギャラが出るんだ!』『障害者を食い物にするな!』といった厳しい批判の声も一部から出ていますが、今年に関しては『嵐なら大丈夫!』と局上層部も安堵しています」

 早くも2020年のメインパーソナリティーも嵐でとの報道すら出ているが、日テレサイドにしてみれば、強力な援軍を得た格好。一方のジャニーズ事務所サイドも同番組をめぐって思惑があるという。

 「メインパーソナリティーは嵐ですが、番組には現在事務所が一押しする『King&Prince』(キンプリ)の投入も予想されています。ジャニーズ事務所としては番組出演をキッカケに、ますます勢いを加速させたいところでしょう」(前出の情報番組スタッフ)

関連ニュース