記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】「人間交差点2019」に出張スナック 憧れていた“テキ屋”の仕事にテンションMAX (1/2ページ)

 完全なる二日酔いです…。しかし心地よい二日酔いなのです。

 12日、東京・お台場野外特設ステージで日本を代表するラップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」が主催するフェスティバル「人間交差点2019」が潮風、薫風混ざる心地よい日に開催されました。メンバーで友人でもある宇多丸さんの協力もあり、当日現場に「出張スナック玉ちゃん」を友情出店させていただいた反動からの二日酔いなのです。

 才能あふれるアーティストが参加する華やかなフェスティバル(祭り)。そのステージの脇で出店するということは香具師、すなわち私が出店させてもらったスナックブースは、祭りの参道で商売をする露天商、テキ屋と一緒なのです。子供の頃から日本全国を旅しながら商売をするテキ屋とトラック運転手に憧れていたので、今回の仕事のワクワク感は半端ではありませんでした。

 しかし、今回は全日本スナック連盟としての仕事ですから、与えていただいたブースに前日から仕込みをしなければいけません。

 私の移動車・愛車はハイエースです。テレビ局の地下駐車場にズラリと並ぶ車は、後部座席にふんぞり返るタレントさんを乗っけてやってくる黒のオラオラ系のアルファード、ヴェルファイア(あくまで個人の感想)。それは、私が定期購読している雑誌にも掲載されている、「反社会的」とされる人たちが定例会に集まる様子と被ります。

 かくいう私も5年前までその黒塗りオラオラの車に乗っていましたが、なんだかそれが恥ずかしくなり「移動車を商用車のハイエースにしよう。どうせオレを局に納品するんだから」という気持ちで乗っています。

関連ニュース