記事詳細

グラドル→釣り師に転身の児島玲子 唯一の写真集を振り返る

 平成が始まったばかりの1990年代に活躍したグラビアアイドルは、現在どこで何をしているのか? 1994年頃からグラビア活動を開始した児島玲子が、1997年に発売した写真集『REIKO24時』(増田賢一撮影/(株)ゲオ)について振り返る。

 * * *

 私はプロアングラー(釣り師)になるために、1999年にグラビアをやめました。1997年末のこの作品が私の最初で最後の写真集です。

 当時の写真集は海外での撮影が当たり前でしたが、この作品のロケ地は実は下田や銀座。当時すでに釣り関連の仕事をいただいていました。釣りの仕事は週の3~4日はロケが当たり前で海外ロケは無理だったんです。それでも釣りの仕事を始める前までは月に何度も行かせてもらいましたけど(笑い)。

 アサヒビールのイメージガールに選ばれたのが1998年。これからという時にグラビアをやめたので、当時の仲間から「もったいない!」と言われ、はや20年。今後も国内外の人たちに釣りの楽しさを伝えていきたいです。

 【プロフィール】

 こじま・れいこ/1974年生まれ、神奈川県出身。1994年頃よりグラビア活動を開始。1997年にテレビ番組『釣り・ロマンを求めて』に出演して釣りの世界に魅了され、以降は釣り番組の出演や雑誌連載を中心に活動している。

 ◆取材・構成:小野雅彦

 ※週刊ポスト2019年5月31日号

NEWSポストセブン

関連ニュース