記事詳細

アイドルを悩ます…“ヤラカシ”暴走ファンの恐怖 「Hey!Say!JUMP」はアリーナツアー中止に (1/2ページ)

 元NGT48の山口真帆(23)が暴走ファンから暴行された事件は記憶に新しいところだが、一般人にも危害を与えかねない危険なファンは、事務所にとっても悩みの種。あまりの暴挙にジャニーズ事務所は、ついに「Hey!Say!JUMP」のアリーナツアーを中止するという実力行使に打って出たのだ。

 一部のファンによる迷惑行為がやまないことを理由に、Hey!Say!JUMPのツアー中止が発表されたのは今月19日のことだった。

 「ジャニーズ事務所はこれまでにもファンに対し、迷惑行為をやめるように再三注意していました。メンバーでさえ『警告を受けて行きたい場所も行けなくなる』とマナーの改善を呼びかけていました」と女性誌編集者。

 しかし、呼びかけもむなしく、ファンの行為が改善されることがなかったため、ツアーの中止に至ったのだ。

 「事務所とすれば、稼ぎが減るわけですから苦渋の決断です。しかし、それぐらいしないとファンの暴走は収まらない状況なのです」と先の女性誌編集者。

関連ニュース