記事詳細

【酒井政利 時代のサカイ目】ゲイカップルのピュアさにシンクロするOAUの楽曲 ドラマ『きのう何食べた?』OPテーマ (1/2ページ)

 今年も深夜ドラマが話題になっている。

 金曜深夜0時12分からのドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)は、昨年の『おっさんずラブ』に似た現象を巻き起こしている。

 深夜枠にも関わらず視聴率は3%を超え、ドラマの満足度調査“ドラマバリュー”では2019年4月作品で100ポイント満点中、最高の満足度である94ポイントを獲得。また、第1話の見逃し配信は155万回を超え、テレビ東京の動画配信サービスTVerで歴代最高を記録した。

 ドラマは料理上手で倹約家の弁護士、シロさん(西島秀俊)と、美容師のケンジ(内野聖陽)の男性カップルの何気ない日常生活を描く。

 男2人が月額2万5000円の食費で暮らすこのドラマ、よしながふみの同名の人気コミックが原作。

 ストーリー的に特別大きい出来事や事件が起きるわけでも、何かイベントがあるわけでもない。シロさんが作る“おいしく安上がりな手料理”を通して普通の暮らし、心の機微をリアルに丁寧に描いていく。原作に忠実に描かれるところも、原作ファンから高評価を得ている。

 ちなみに、ドラマの公式レシピ本は発売2週間で10万部を突破。

 硬派の印象のある内野が、ゲイであることをカミングアウトしたケンジ役を、やわらかい物腰や女性らしい表情、口調や手先の仕草で演じることに、「内野さんが本物に見える」と称賛の声が相次ぐ。

関連ニュース