記事詳細

【ぴいぷる】芳野藤丸&杉山清貴 「マサやんを歌いたい」初共演から生まれたプレミアユニット (1/3ページ)

 2012年に脳幹出血で急逝した桑名正博をトリビュートする強力ユニットの結成は、ふとしたひとことから始まった。

 「やるなら、マサやんを歌ってみたいな」

 その思いが8月6日に行われる「芳野藤丸&杉山清貴presents 馬鹿な男のR&R~桑名正博 TRIBUTE LIVE~」(マイナビBLITZ赤坂)開催につながった。

 昨年9月30日の「夕刊フジ・ロックフェスティバル SHOGUN40&芳野藤丸45」で、2人は初共演。杉山がスペシャル・バンドのボーカルを務め、ディープ・パープル、グランド・ファンク・レイルロードなど欧米ロックを演奏した。

 「大人の学園祭みたいで楽しかった。またやりたい!」という杉山に、「なら、やろうよ」と芳野。後日、ポロリと口を突いて出たのが“マサやんを歌いたい”だった。

 80年代にシティ・ポップスの中心人物だった杉山と、泥臭いロックンローラーの桑名。意外にも思える組み合わせだが、「中学生の頃から好きだった。ファニー・カンパニーの『スウィート・ホーム大阪』とかカッコ良くて。初めて大阪弁を覚えたのもこの曲。アマチュア時代はカーリーヘアーで、桑名さんをコピーしまくってました」。

 ファニカンからのち、一気の方向転換にはビックリさせられた。

 「バリバリのロッカーが“夜のヒットスタジオ”や“ザ・ベストテン”に出てる。エエ~ッて。松本隆さんの作詞で、作曲は筒美京平さん。『哀愁トゥナイト』『セクシャルバイオレットNo.1』とか、『サード・レディー』も衝撃で。ついに時代が来たかと、今までにないジャンルを作っていたと思います」

関連ニュース