記事詳細

テレ朝・大下容子アナ、「女子アナ30才定年説」覆すその魅力 (1/3ページ)

 穏やかな笑顔と、控えめな語り口。にぎやかで派手なタレント性の高いアナウンサーや司会者が目立つ中で、その“慎ましさ”にこそ信頼を感じる。同世代を中心に女性ファンも多いテレビ朝日・大下容子アナのやすらぎの理由”に迫った。

 密着当日の朝、川崎市の登戸駅前で登校中の児童らが刃物を持った男に次々と刺される事件が発生--『大下容子ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系・月~金曜第1部10時25分~12時、第2部12時50分~13時40分、一部地域を除く)のスタッフルームは騒然となった。放送内容は大幅に差し替えとなり、状況の把握と準備に追われて、フロアの空気が張り詰める。正午の『徹子の部屋』も休止して放送を拡大。時に怒号に似た指示も飛び交うスタジオで、大下アナは冷静に事件を伝え続けた。

 「事件や事故で急遽内容が差し替わることはままあることです。大変なのはスタッフですので、アナウンサーは最新の情報を集約して正確にお伝えすることに集中するのみです」(大下アナ・以下同)

 1993年にテレビ朝日に入社し、1998年から情報番組『ワイド!スクランブル』のサブMCを務める。2002~2017年には香取慎吾がメイン司会の『SmaSTATION!!』にパートナーとして出演し、15年以上もの間、生放送の番組を週6日担当してきた実力派。最新の「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)では7位にランクインし、場を和ませる穏やかな物腰と安定感のある進行に女性からの支持も高い。昨年秋からは『ワイド!スクランブル』のメインMCに抜擢され、この春、23年ぶりに番組名が変更されて自身の名前が付く冠番組となった。局アナの名前がタイトルになるのは極めて異例だ。

NEWSポストセブン

関連ニュース