記事詳細

【ぴいぷる】映画監督・黒沢清、挑み続ける創作魂…「まだ私には代表作がない」 俳優もこなす律儀さ「断れない監督がいる」と照れ笑い (1/3ページ)

 ■前田敦子を主演に抜擢

 「ニューヨークで地下鉄を乗り間違えたり、オランダの知らない街で迷子になったり…。この映画でヒロインが経験することは私が実際に体験したことばかりです」

 14日に封切られる映画「旅のおわり世界のはじまり」を、ウズベキスタン共和国で撮影した国際派監督は苦笑しながら、こう打ち明けた。

 ヒロインを演じる元AKB48のエース、前田敦子が劇中で遭遇する出来事の多くは、自らの海外での“失敗談”だ。

 海外の映画祭で特集上映が組まれる日本を代表する国際派。これまで、仏・ベルギー・日本合作「ダゲレオタイプの女」、日韓合作「LOFT ロフト」など数々の合作を手掛けているので、「合作は手慣れたもの?」と思いきや、「ウズベキスタンは行ったこともなく、知識や情報もなかったので、大変でした」と苦笑した。

 バラエティー番組のレポーター、葉子(前田)は、シルクロードの湖に棲むという幻の怪魚を取材するため、ウズベキスタンを訪れていた。撮影が終わると、毎日、葉子は一人で街へ出かけるが、道に迷ったり、危険な目に遭遇したり。仕事や人生に悩み、心の居場所を失っていた葉子は旅の途中、変わり始める。

 「2年前、ウズベキスタンで合作映画を撮らないかと誘われ、すぐに引き受けました。シルクロードには興味があったし、とにかく一度行ってみたかったから」

 役所広司主演の「ドッペルゲンガー」、「叫」などホラーを得意とする一方、一昨年、初めてSF「散歩する侵略者」を撮るなど幅広いジャンルに挑み続け、新作でも新たな試みを敢行している。

関連ニュース